スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者向け講座 上級編

上級編

・強い相手と強い味方
強い敵と戦うことで、強いポジション、クロスの組み方、グレの使い方をどんどん盗む。
味方に強い人がいるならば、何を意識してるか、どういう動きをしてるのか、どういう練習をしてるのか教えてもらう。
まわりの環境に引っ張ってもらうということは、早く上達する一つの方法。


・弱いところとは戦わない
変な癖がつくのが怖いので、弱い相手とは戦わないほうがいい。
弱い人は変なところで芋るし、飛び出すタイミングも謎。
結果的に勝ったとしても、弱いポジでも撃ち勝てるせいで勝ちポジだと勘違いしたり、自分たちに無駄に前に出る癖がついたり、報告が減ったり、シフトのタイミングを見失いやすくなる。
甘えが出ることや雑なプレイになるのは怖い。


・相手にイチャモン
99%勝てる配置をとってたにも関わらず、敵にスーパープレイされて負けたときは、反省する必要はない。
まぐれ乙wwwというくらいの気持ちを持つ 。
こっちに非がなくても、相手がたまには神憑るときもあるってこと。
スポンサーサイト

初心者向け講座 メンタル編

メンタル編

・相手は外してくれるという考え方
敵に当てられるから出ないというのはそもそも試合が始まらない。
そういうときの考え方で、敵は外す、俺は当てると信じる。
覗くときは『勝つる勝つる勝つる!』と唱える。これだけでマジで勝てる。
集中力についてで書いたように、特に近距離の戦いは初弾の早さ勝負なので、いかに超集中モードに切り替えていくかが大切。


・テキトーにしない
Paraを使っているときに1人倒したと思ったら2人目が出てきて、
『フルバーストで運要素高いから多分当たるだろ』
っていうのとリコイルコントロールして本気で当てにいくのは全然結果が違ってくる。
テキトーにやらずに確実にタップして諦めずリコイルコントロールをかけていくこと。


・最強よりも更に最強
相手はかなりやれる奴だ。
でも俺はそのさらに上をいくんだ。本当の強さってやつを教えてやるぜ!くらいの気持ちを持つ。
気持ち負けすると集中力に影響して結果撃ち負ける。


・デバイスに関する言い訳をしない
環境を整えるのも整えないのも自分次第。
道具に文句いうな。ないなら稼いで買え。


・合理性と非合理性
設置後こう守れば99%勝てる、というような合理的な配置(完璧なプレイ)がある。
でも、あえて完璧じゃないプレイ、穴のある配置を敵が取っている可能性もある。
敵次第ではあり得ないプレイをしてくる可能性があることを頭の片隅には残しておいて、丁寧なクリアリングを心がける。
穴のある配置のようなあり得ないプレイに負けると心が折れやすいので気をつける。


・勝ちパターンを作る
このグレからのこの配置。
この流れからのラッシュ。
試合中に失った自信やモチベーションを取り戻すためにも、勝ちに繋げるパターンを作っておく。


・完全な勝利
完膚なきまでに叩きのめして、相手に『ごめんなさい強すぎて勝てません。』とまで言わせるつもりでやる。
ラウンドを取らせないことはもちろん、クラメン全員のフラグが敵のフラグを上回ることを目指す。

初心者向け講座 テクニック編

テクニック編



初心者向け講座 練習編

練習編

初心者向け講座 チームプレイ編

チームプレイ編

・報告
自分がどこにいてどこを見てるか。
どのラインを抑えているのかを報告しないと、味方が横を取られたりします。
個人プレイ編でいったように、横や後ろは絶対取られないように立ちまわるべきですから
味方の位置を把握して、横を取られないようにしてあげる。必要なら煙も投げる。ARだったら2つ持てますからね。
味方を活かすも殺すも自分次第と心得ましょう。

関連記事 VCを使っての報告すべき内容


・リーダー
みなの報告をまとめてどうするか決める人を作りましょう。
各個人の判断で安全エリアを取りに行きますが、そこからグレーエリアへと踏み込む際には味方との連携が必要です。
いざとなったときにそのリーダーを立てれない人はクランにいないほうがいいです。


・練習(作戦)*ラッシュ系
ラッシュ系の作戦というのは、開幕で仕掛ける動きのことです。
少し時間が経ってからの作戦は超難しいです。敵の配置次第でその後の立ち回りが変わる場合が多く、かつ緻密な動きの果てに成功するものであって、想定外の投げ物だったり、UAVだったり、ワンチャンHSされたりすると失敗するからです。
ラッシュは流れを変えるときにも使います。


・少数戦
3vs3等になってからの立ち回りと報告を考えましょう。
5v5の動きはどこのクランも考えているけども、勝負はそれだけじゃないんです。
グレーエリアを取りに行く際に喰って食われてを繰り返すと3v3になります。
その3v3の状況でどう配置を取れば穴を減らせて、かつすぐにカバーができるか、勝ちにつながるかを想定しておきます。
本来5人で守るべきマップを3人で守り切ることなどそもそもできないのですから、攻守共に報告が超大事になります。
5人生き残っている段階では多少動きを加えた程度では穴はできませんが、3人のときは穴だらけですので、相手がどこにいる、寄った寄ってない、足音や投げ物の軌道、今までの経験からどういう配置になっていると予想できるかを味方に伝えることで勝敗が変わってきます。


・試合回数 
10回の反省会は2回の試合に負けます。
反省会はもちろん重要で、なぜ苦戦したのか、どうすればいいのかを話し合ういい機会です。
でも所詮は空想であって、いくら口で言おうとも机上の空論なわけです。
実際にガンガンクラン戦で試してみて、身体で覚えるほうが経験として蓄積されます。頭で考えただけじゃ記憶に残りません。


・個人プレイは大事
1人倒されたら1人倒し返すというのが全ての基本です。
クラン戦で勝つためには何が必要か知っていますか?
作戦か?連携か?違います。個人技です。
例えば、Cannonの1中みたいな普通の角での撃ち合いで味方が負けた。自分がその敵を喰いにいきますよと。
そのときは絶対勝たなきゃいけないんです。
敵の場所はわかってる、強ポジでもない、そんなクソみたいな撃ち合いで2人も削られるなら、作戦や連携以前に個人技(AIM力)に問題アリです。
必要最低限の個人技なくして、作戦も連携も決まりません。
こういうときにも反省会では作戦が悪いとかカバーができてないという内容になりがちですが、違います。
撃ち合いで負けた人の個人技のせいです。
クラン戦は数こなして上手くなるものですが、AIMも反復練習によって誰でも一定水準まで良くなります。
そこまではまず上げましょう。作戦や連携云々はそれからです。

関連記事 主要AR武器の感想


・rush止めは練習できる
Astrickは設置後の取り返しをEUが2人vsNRFが3人でひたすら練習していました。
それと似たように、いかにして敵のラッシュから2人で守り切るかを考えなければなりません。
もちろん設置後取り返しと設置後守りは最重要課題ですが、ラッシュ止めも重要です。
流れが悪い時にはラッシュをすると良いですが、それを敵がやってきたときにバッチリ止めてしまえばもう流れはこっちのものです。


・役割(連携)
プレイしてる人より死んでスペクトしてる人が気づきやすいです。
ラウンドで早々に死んだ人は味方はどのラインを見ていて、どこが穴になっているのか。誰が報告できてなくて動けてないのか。というのをしっかり見てあげましょう。


・相手を分析
詰めてくるのか引いてるのか、ラッシュ系か多点突破系かという傾向、同じく配置、PM,SRの数を常に把握しておきます。
記事検索
ニコ生コミュニティ
プロフィール

びすた無限

Author:びすた無限
◆Twitter:びすた無限
質問コーナー『Ask.fm』
AVAプレイヤーに質問!

当ブログはリンクフリーです。
お友達やクラメンにもぜひ教えてあげてください。



【HeadSet】

HyperX Cloud


【Mouse】

Logicool G500s

【MousePad】

SteelSeries QcK mass

最近の人気記事
人気の質問コーナー『ask.fm』
最新コメント
リンクツリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。