スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーミングマウスパッド一覧

種類が豊富でキリがないので、抑えるべきものだけ載せます。
ご紹介するマウスパッドは全て布で、よく滑りよく止まります。

初動の軽い重いや、滑り、止まりも個人個人で感じ方が違うので、
ひとまず安いものを選んで買ってみて、劣化したかな~と思ったときに別のものを買ってみる。
この買い方が、いろいろ試せて面白いです。

サイズはハイセンシならS、ローセンシならMでいいかと思います。
XLは大きくて場所を取りますし、値段が高いです。

劣化したときの洗い方については最後に載せています。
寿命はだいたい3ヶ月くらいです。とかいいつつ、私は平気で1年とか使います。




ARTISAN シリーズ
hien.jpg
Qckシリーズが改良もせず安い原価で作ってるのを見かねて、原価がめちゃめちゃ高くなってもいいから良い物を作るというコンセプトで始まったらしいです。私が使っている"飛燕"は、表面がザラザラしています。なぜかマウスはスーッと滑りますけど。
疾風はサラサラです。ザラザラは最初はちょっと違和感がありました。

名称 サイズ 実測(横x縦x高さ) 価格
ARTISAN 疾風 M 315 x 24.5 x 4mm 4000円
L 420 x 330 x 4mm 5000円
ARTISAN 飛燕 VE S 245 x 210 x 4mm 1200円
M 315 x 245 x 4mm 1900円
L 420 x 330 x 4mm 2300円




SteelSeries Qck シリーズ
Qck.jpg
MとXLが2つずつあって、実測を見ていただければわかると思いますが、厚みが2mmか6mmという違いがあります。

名称 サイズ 実測(横x縦x高さ) 価格
QcK mini S 250 x 210 x 2mm 1300円
QcK M 320 x 270 x 2mm 1700円
QcK+ XL 450 x 400 x 2mm 2000円
QcK mass M 320 x 270 x 6mm 2200円
QCK heavy XL 450 x 400 x 6mm 3500円



Razer Goliathus シリーズ
ゴラスピ
通称ゴラスピとゴラコン。
Qckと比べ、あいだの4mmという厚さに仕上がっている。
ゴラコンは表面の特殊加工により、ゴラスピよりもよく止まります。

名称 サイズ 実測(横x縦x高さ) 価格
Razer Goliathus Speed S 270 x 215 x 4mm 1400円
M 355 x 254 x 4mm 1900円
L 444 x 355 x 4.3mm 2700円
Razer Goliathus Control S 270 x 215 x 4mm 1400円
M 355 x 254 x 4mm 1900円
L 444 x 355 x 4.3mm 2700円



ZOWIE GEAR Swift

プラスチック製のパッドで、滑りを求めるならコレがいい。
値段はサイズがMで\3600ほど。


【洗い方】
ARTISAN - マウスパッドの洗い方

又は…
布パッドは水洗いができますので、滑りが悪くなってきたなと感じたら洗ってみましょう。
洗剤等を使うと、パッド内の油分が抜けてスカスカになることがありますから注意します。

【マウス】入力装置ForPCActionGamer【キーボード】2

48 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/09/19(月) 13:33:58 hAXoHQ05
>>5
手入れは、まずホコリをマメに払う。
汗が乾いた後、滑りが悪くなってきたら、すぐに乾く除菌用アルコールウェットティッシュで
軽く拭いてやる。普通はこのくらいでok。

汚れが酷くなってきたら、お湯で少しつけ置いた後、丁寧に手洗い。
洗剤使うと油分が抜けてカスカスになるので注意な。
んで、陰干し。丸一日使えなくなるからスペアを用意しておくといいよ。


この記事へのコメント

SENSEがないよ!!
>>かるかんさん
はじめてききました
zowieのswiftもないですね
>>名無しさん
zowieは入れようかと思ったんですけど、高いので省きました。
とりあえず高いものは初心者にはオススメしたくないので。
疾風もびっくりするくらい高かったんですけどね・・。

リストに入れてもいいかなとは思ってます。
ゴラコンはゴラスピより滑るって言われてるけどどうなんでしょうね
>>名無しさん
調べてた感じでは、ゴラコン>ゴラスピという人もいれば、ゴラスピ>ゴラコン、ゴラスピ=ゴラコンという人もいました。
止まるという点に関しては、ゴラコン>ゴラスピが多かったのでそう記述しました。

今使ってる飛燕の次は、ゴラスピかゴラコンを買ってみようかと思ってます。
飛燕にはsoft、MID、HARDありますがタッチが変わったりするんでしょうか?softだと沈むとか。また表面加工、表面素材はそれぞれ同じなのでしょうか。(明記では中間層だけ違うようでしたが、SMHでレビューが違うので気になりました)
>>名無しさん
Softは表面がザラついていて柔らかく、マウスが少し沈むため滑りすぎず、よく止まるという性質があります。逆にHardは表面のザラつきが少なく、滑りすぎて少し止まりにくいです。
プラスチックパッド(hard)と布(soft)の違いを意識してもらえると、大げさですが多少わかりやすいかと思います。
貴重な意見ありがとうございます。 やはりHARDだとソールの減りが激しいのでしょうか?気持ち硬いといったところなのでしょうか。自分はこの間softLを買ったのですが初動に違和感があったので^^;(元々プラ系使ってました)
あと紫電、紫電改はガラスコーティング?らしいのですが使う毎にコーティングが剥がれてく様な仕様なのでしょうか。
質問ばかりで申し訳ありませんが、お付き合いの程よろしくお願いします。
>>名無しさん
hardは丸めることができないほど硬いです。その分、布とはいえかなり湿気には強いですし、プラに近いだけあってよく滑り止まりにくいです。
表面はざらざらですし、硬いという点から、ソールの減りは早いでしょう。

紫電はそのガラスコーティングにより、プラ以下飛燕以上の初動の軽さですね。やはりコーティングは使っているうちにだんだんと剥げてきます。でもそれ以上にソールの減りが早いです。

コメントの投稿

非公開コメント


記事検索
ニコ生コミュニティ
プロフィール

びすた無限

Author:びすた無限
◆Twitter:びすた無限
質問コーナー『Ask.fm』
AVAプレイヤーに質問!

当ブログはリンクフリーです。
お友達やクラメンにもぜひ教えてあげてください。



【HeadSet】

HyperX Cloud


【Mouse】

Logicool G500s

【MousePad】

SteelSeries QcK mass

最近の人気記事
人気の質問コーナー『ask.fm』
最新コメント
リンクツリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。