スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーボード一覧

キーボードってあまり重要じゃないと思ってる方が多いと思うので、Twitterでまとめてみました。
どれでも大して変わらないんじゃないの?って疑問のある方は読んでみてください。

FPS -キーボードの重要性-

FPSに使うキーボードというわけで、キーの深さであるキーストローク、キーの連打に関わってくるキータッチの軽さ、Shift+斜め移動+リロードをするときに入力漏れで実行できないことがないようキー同時押しに対応しているものを厳選しました。


名前 東プレ REALFORCE 108UBK
画像 rafo.jpg
特徴
人間工学を考慮した東プレのキーボードは、入力時の静かさや抜群のキータッチ感を実現。
ストロークは4mmであるものの半分の2mmの時点で反応し、キータッチがとても軽く音も小さい。
金融機関の業務用の各種入力専用機など、本格的に使用されている。
打ちやすく、反応が早く、静か。これ以上求めるものは何もないというキーボードの王様。
30グラムが軽すぎて、45グラムのほうが良いという方は東プレ Realforce108UH
テンキーなしだとしても、安いほうがいいって人は東プレ REALFORCE91UBK
価格 16000円
スイッチ形式 静電容量無接点
接続方式 USB
キーストローク 4mm
キータッチ 45±15グラム
キー同時押し 対応






名前 FILCO Majestouch2 104フルキー茶軸US配列
画像 maje.jpg
特徴 マジェスタッチ2の中ではおそらく一番売れ筋ですが、それだけに人を選ばない心地よい打鍵感。
接点は約2mm押し下げた位置にあり、動作に余裕のある設計となっている。
万人にお勧めできるのは、軽くて使いやすい「茶軸」。
黒軸」は、しっかりと間違いなく入力したい人向け。
青軸」は、キー押しが柔らかく、osuに向いている。
赤軸」は、しっかりと間違いなく入力したいのだが、重いと指が疲れてしまう人向け。

私がこれを使っている理由は、スペースバーが長くて左に寄っていてとても押しやすいから。
価格 12800円
スイッチ形式 メカニカル
接続方式 USB・PS/2
キーストローク 4mm
キータッチ 45グラム
キー同時押し 対応




名前 マイクロソフト ゲーミングキーボード SideWinder X4 Keyboard
画像 sidewinder.jpg
特徴 SideWinder X4はUSBながらも最大26キー同時押し入力が可能。
全体としてストロークが短く、軽いキータッチというゲーマー向けのキーボードのお手本。
なるべく安価に、でもFPSで快適に使えるキーボードが欲しいという人には最適。
価格 4100円
スイッチ形式 メンブレン
接続方式 USB
キーストローク 3mm
キータッチ 35グラム
キー同時押し 対応





名前 iBUFFALO BSKBC02BKF
画像 buff.jpg
特徴 打感はスコンスコンと気持ちよく、底の鉄板の重みで安定感もある。
価格にしては、かなりの出来で、コストパフォーマンスは素晴らしい。
DHARMAPOINTのDRK109BKと似ている。
価格 1500円
スイッチ形式 メンブレン
接続方式 USB・PS/2
キーストローク 4mm
キータッチ 52グラム
キー同時押し 対応



 

名前 SteelSeries ゲーミングキーボード 日本語版 6Gv2
画像 ss.jpg
特徴 SteelSeries 7Gをベースに、一部機能や付属品を削ってきた製品。
底面の滑り止め効果で強くキーを押し込みがちの人でも安心してプレイできる。
クリック感のないタイプのスイッチとなっており、押し始めは軽い。
4mmあるキーストロークのうち、2mm程度押し込んだところでキースイッチが反応する仕様。
ゲームプレイ中の[Windows]キー“誤爆”を避けるべく、
右[Alt]キーを廃して,[Windows]キーを本体左下部からそこへ移設してあるのが大きな特徴。
価格 11100円
スイッチ形式 メカニカル
接続方式 USB・PS/2
キーストローク 4mm
キータッチ 60グラム
キー同時押し 対応




 
名前 PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 英語配列 USBキーボード
画像 hhkn.jpg
特徴 通称HHKB。Realforceと同じスイッチ形式を採用しているため、
長時間の使用にも疲れにくい最高水準のキータッチを実現している点でよく比べられる。
Realforceは緩急はあるものの、ほぼ抵抗に変化がないキータッチだが、
HHKBのキータッチは押下圧のピークが最初にあり、そこを越えると大変軽くなるため、
押し始めは若干重いものの、押し続けるのは軽く感じる。
HHKBはテンキーとファンクションキーを省略していて、
全角半角キーや矢印キーもないため、使い手を選ぶ製品である。
テンキーを多用する事務作業や、ファンクションキーが不可欠なゲームには向かない。
価格 18800円
スイッチ形式 静電容量無接点
接続方式 USB
キーストローク 4mm
キータッチ 45グラム
キー同時押し 対応





この記事へのコメント

上から4番目のiBUFFALOのキーボードメンブレンですよ
>>名無しさん
ありがとうございます。
修正しておきました。
キーボード参考にさせていただきました~

すごく使い心地いいですね。

ありがとうございます。
>>Ta1_cHaN
それは良かった。
何を買ったのか教えていただければと思います。
自分のブログにUpしています。

http://taiki2324.blog74.fc2.com/

FILCO Majestouch の37cmですね。
>>Ta1_cHaNさん
おお!私と一緒ですね。
私はテンキー付きですが(笑)
マジェスタッチは使いやすくて私のお気に入りです。
コスパが良いってのはかなり重要ですよね。
ご紹介されているREALFORCE 108UBKは変荷重なのでFPSには向かないのではないでしょうか。
Realforce91UDK-Gという製品は統一荷重でテンキーレスなのでRealforceの製品では一番FPSプレイヤー向けかなと思います。
>>meさん
ご指摘ありがとうございます。
ただ変荷重とはいっても小指で入力するキーが30gになっている程度のもので、実際あまり変化は感じられないと思います。
またテンキーの有無についてですが、CS系のゲームでは買い物バインドを組む際にテンキーに割り当てることがよくありまして、もしAVAだけでなく他のゲームもプレイしたくなったときに、ないよりはあったほうがいいという観点からテンキー付きを薦めています。
なるほど。
FPSの場合aに置く指は小指ではなく薬指ですが、それは置いといて一般用途でも大事になってくるものなので変荷重のほうが広いニーズに応えられ好ましいかもしれません。
テンキー無しの方がマウスとキーボードの間のスペースにゆとりができてプレイし易くなるかなと思ったのですがよく考えればそこまで邪魔に感じたこともないですね。やはり付いていたほうが便利なようです。
他のRealforce製品と比べ買いやすい価格でもあります。
失礼いたしました。
Re: タイトルなし
>>meさん
値段がネックになる部分が多いので、確かに少しでも安いほうがいいのかもしれません。
入れ替えるか、両方載せるかはまた少し考えてみたいと思います。
ありがとうございます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


記事検索
ニコ生コミュニティ
プロフィール

びすた無限

Author:びすた無限
◆Twitter:びすた無限
質問コーナー『Ask.fm』
AVAプレイヤーに質問!

当ブログはリンクフリーです。
お友達やクラメンにもぜひ教えてあげてください。



【HeadSet】

HyperX Cloud


【Mouse】

Logicool G500s

【MousePad】

SteelSeries QcK mass

最近の人気記事
人気の質問コーナー『ask.fm』
最新コメント
リンクツリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。