スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8 スパ4 そろそろネット対戦 ランクマッチ

AVAプレイヤーが格闘ゲームでそこそこ勝てるようになる道のり



さてそろそろ一番の醍醐味ネット対戦についてです。
これをやるために今までのトレーニングがあるといっても過言ではない。

対人戦です。



こちらからネット対戦を始めます。最初にベンチマークをしますか?
とでたらちゃんとやっておきましょう。すぐに終わりますし最初の一回だけですので。

このベンチマークの結果は最高がA次点がB 最低がEと表記されますが
これは対戦前に相手のスペックがわかるようになっています。
なのでCなどの相手は恐らく対戦時に多少のカクカク感を感じるかもしれません。
実際私はBまでは対戦しますがCやDはしません。

EはベンチマークをしていなくてもEと表記されるので一回はやってみます。



さて話しが少し長くなりましたがこちらがLIVEのメニューです。

ランクマッチ 略してランクマ これが一番熱くなるでしょう。

PP プレイヤーポイント とBP バトルポイントの2種類のポイントを
勝っては奪い負けては奪われの対戦をするモードです。

PPとBPをもう少し詳しく記載すると
PPはどのキャラを使っても共通のポイントで相手と差があればあるほど
勝敗時の変動が激しいです。最高で128ポイントまでの変動があります。

最低で1ポイントです。なので上級者が初心者と戦っても全くポイントが増えないので
対戦相手がいなかったり初めて戦ったりする以外には
あまり上級者から初心者に凸してくることは無いので安心して下さい。

ただ向こうも初めて戦う場合はこちらのPPは知らないので
もし入ってきてもあまり気にせずすぐ次にいきましょ(笑


BPはキャラ毎に設定される数値です。こちらは負けてもあまり減らず
キャラの使い込み度を表す数字だと思って下さい。
使っていれば負け越しでも自然にあがっていきます。

大体5000以上からはそのキャラでの初心者は脱出している印象ですね。
10000以上は負けると結構減るのでその辺りをキープしている人は
中級者以上で間違いないです。


実際のランクマはこの画像のようにクイック カスタム クリエイトが選べます。
クイックは正直使わないのでスルーします。
カスタムは対戦を申し込みに行く側です。
 

設定はこんな感じで
相手が表示されなければ相手の強さを全てにして検索しなおしてみて下さい。



相手の強さはPPでおおまかに判定されています。最初はPP/BP共に0なので
多分同じ強さで出てこないと思うので強い人も出てきちゃいますが全てで検索しましょう。
対戦中も表示されないので何度か検索し直したら対戦が終わったプレイヤーが出てくると思います。

次はクリエイトです。クリエイトは部屋を建てて相手を待つ側になります。
カスタムで相手が見つからない場合クリエイトで部屋を建ててみましょう


設定はこんな感じでいいです。


あとは相手がくるまで待つ。
実はアーケードモードをやりながらでもランクマが出来ます。


これがかなり便利。CPU相手に技の練習をしつつできます。CPUとの対戦時はクリエイト状態。
CPU戦が一回終わる毎に対戦相手を自動で検索して部屋があったら自動で入るという効率の良さ!

ちょっと長くなったのでエンドレスなどは次回にします。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


記事検索
ニコ生コミュニティ
プロフィール

びすた無限

Author:びすた無限
◆Twitter:びすた無限
質問コーナー『Ask.fm』
AVAプレイヤーに質問!

当ブログはリンクフリーです。
お友達やクラメンにもぜひ教えてあげてください。



【HeadSet】

HyperX Cloud


【Mouse】

Logicool G500s

【MousePad】

SteelSeries QcK mass

最近の人気記事
人気の質問コーナー『ask.fm』
最新コメント
リンクツリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。