スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UAVを撮られたときの立ち回り

UAVを撮られたときは、相手からはウォールハック状態になりますので撃ちあうと負ける確率が高いです。
これは敵の反応速度が0に近くなるので、単純に狙って撃って当てるまでの時間が短くなるからです。


反応速度テストのゲームで適当に測ることができますけど、プロゲーマーの中で早い人でも0.11や0.12、まぁ普通は0.18くらいが標準ですよね。(めちゃ遅くなる人はここでAeroが切れてるか確認してみてね)


この反応速度の秒数についてですが、人間が目で見てから脳が信号を出して筋肉に命令が伝わり、クリックを押すまでには0.1秒は最低かかることが科学的に証明されてます。なので0.08とか出てもそれはたまたまだってことなんです。例えば、国際的な陸上競技のルールでは、100m走などのスタートで、ピストルの音から0.1秒以内に反応するとフライングになります。


そんなわけで、自分は最低でも0.1秒は撃つまでにかかってしまうのに、UAVを撮られてるときは敵に0に近い時間で撃たれるので対抗できず撃ち負けてしまうんですね。

で、その最速撃ちに対抗する手段としては、
  • 釣って味方に倒してもらう
  • 釣って決め撃ちで倒す
  • 逃げまわる

1つ目は簡単。左右移動で出るぞ?出るぞ?とアピールして釣って、味方に覗いてもらうだけ。

2つ目は少し難しい。チラ見の要領で敵の位置を確認して、それで決め撃ち。敵は0秒で撃ってくるけど、こっちも0秒で撃つからトントン。
とはいえ、敵の位置を完全に把握してるわけじゃないから難しいのは難しい。半身テクの要領ですね。そういえば半身について解説しようと思ってずっと忘れてた……。
僕が作った動画じゃないですけど、とりあえず参考になれば!AVAの半身テクニック
半身で敵の位置を把握して決め撃ち!

3つ目は敵の射線を意識して見えないように逃げまわる。グレを活用して時間稼ぎしたりとか。

撮られてメリットはないので、そもそも撮られないようにね!
撮られたときはしっかり味方に報告しましょう。

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
>>匿名希望さん
僕はローセンシでプレイしたことがないですし、直線補正のメリットも元々感じないのでご期待には添えそうにないです…。

コメントの投稿

非公開コメント


記事検索
ニコ生コミュニティ
プロフィール

びすた無限

Author:びすた無限
◆Twitter:びすた無限
質問コーナー『Ask.fm』
AVAプレイヤーに質問!

当ブログはリンクフリーです。
お友達やクラメンにもぜひ教えてあげてください。



【HeadSet】

HyperX Cloud


【Mouse】

Logicool G500s

【MousePad】

SteelSeries QcK mass

最近の人気記事
人気の質問コーナー『ask.fm』
最新コメント
リンクツリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。