スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45 スパ4 キャラ対の重要性

AVAプレイヤーが格闘ゲームでそこそこ勝てるようになる道のり



先日行われましたせんとすカーニバルのにゃん師氏対せんとす氏の試合の模様が
ニコニコ動画にありましたのでお暇なときにぜひ御覧ください。

勝ちたがりTV #34 色んなゲーム スパ4AE2012 (5/5) 2013.2.12
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20072021

勝ちたがりTVニコニコ版 せんかん応援枠 2013.2.12
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20072750



直前のかちたがりTVの録画も一緒に載せておきます。
動画の内容ですがボンちゃん氏のベガ対策が極まってます。
これがキャラ対策ってことなんだなーと思って見て下さい。

とくにショットの後の屈中P置きはえげつなかったです。
ダブルニーががんがん潰れてます。
これの何がやばいって相手は前に突っ込みたくても全然突っ込めないってことなんですね。
結局飛ぶしかなくてそこをアパカで落とされるというわけでした。

本番のせんとすカーニバル戦はそこに注目して見ていただきたいです。
立ち中Kをばんばん振ってますけどほとんど潰されちゃって、
射程こそ長いですけど発生が遅いので投げもがんがん通ってます。

屈中Pはリーチは短かったですけど発生がはやく、
持続も長いけど硬直は少なめなので、相手が近づいてきたときは当たり
そうじゃない場合はあまりスキが出ないでスカるという技だったんですね。
これはぼんちゃん氏が対策として完全に相手が来た時に機能する置きとして中Pを置いていたのに対し
にゃん師氏は相手の攻撃に対する差し返しも含めて立ち中Kを振っていたんだと思います。

他にも私の実力では計り知れない攻防があったとは思うのですが私が一番の敗因はここだと思ってます。
前半はおされ気味で後半盛り返すときは攻めっけのある立ち回りで取り返してましたけど
この置きはむしろ前半まったく見えずにやられていたのでやっぱりここが大切だったのかなぁと思いました。

とまあ言うのは簡単だけどやるのは難しいんですけどねw
でもこれがキャラ対策です。
相手のこの技に絶対的に相性の良い技を出せれば相手が無理をしなければいけないので
安定して勝つのは難しくなってきます。自分が有利な状況を作り出すって意味ではFPSでも同じですよね。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


記事検索
ニコ生コミュニティ
プロフィール

びすた無限

Author:びすた無限
◆Twitter:びすた無限
質問コーナー『Ask.fm』
AVAプレイヤーに質問!

当ブログはリンクフリーです。
お友達やクラメンにもぜひ教えてあげてください。



【HeadSet】

HyperX Cloud


【Mouse】

Logicool G500s

【MousePad】

SteelSeries QcK mass

最近の人気記事
人気の質問コーナー『ask.fm』
最新コメント
リンクツリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。