スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Counter-Strikeで活躍しているNoppo氏のFPS講座』の解説

CSS.png

『Counter-Strikeで活躍しているNoppo氏のFPS講座』
という形で、Noppo氏のツイートをまとめさせていただきました。
http://togetter.com/li/551615

Noppo氏は、Counter-Strike1.6で日本代表として世界大会に何度も出場しており…(以下略)
もっと詳しく知りたい方は2011年の記事ですが、こちらでインタビューが紹介されてます。

その方がFPSの基本的な考え方というか、思考というか、上達法というか、いろいろとツイートされてました。
で、それを『Counter-Strikeで活躍しているNoppo氏のFPS講座』としてまとめてみました。

もちろんこのツイートだけで全てを理解できる人もいれば、
いまいち理解できず、"ん?"ってなってる人もいるかと思いますので、AVAに例えながら話してみます。




1.いかに早く判断、行動するかが勝敗のポイント。FPSで迷ったら迷ってるままでは無く、攻めるなら攻めて、引くならすぐ引いたほうが良い。よく俺は周りから「どこにでもnoppoがいる」って言われるのは、すぐに判断して、行動するからだと思う。


これはですね、DSで例えてみましょう。

noopo1.png

開幕から少し経って、自分は赤②で、戦車裏まで詰めて守ってます。
ただ武器庫方面ですごい銃声がするし、2側も足音がするとの報告が入った。
そこで、1つテロ上経由で敵リスにグレを投げて鳴き確認し、迷いなく詰める。
詰めるときには、敵の銃声が鳴ってるときは走る、鳴り止んだら歩くことを意識します。
こうやって詰めることで、できる限りバレにくく、素早く行動することができます。

noopo2.png

テロ上まで制圧しておけば、敵は想定外。戻ってきたところをカモれます。
この詰めが少し遅れてしまうと、引いてきた敵とちょうど鉢合わせになって、有利がありません。
詰めるなら素早く!

noopo3.png

基本的に、場所がバレたらすぐに動く。この状況なら倒したらすぐに全力で引く。
2側の敵が引いてきたときには、既に1上にまで退避。引くときには赤③にカバーしておいてもらおう。
もちろん、敵には『えっ!テロ詰められてんの!?』という報告が入りますよね。

noopo4.png

で、2から引いてきた人が次に『もう敵引いてるわ~』と報告した頃には、赤②はキャットにいます。
敵は、『え?キャットにいるんだけど!』という報告になり、
Noppo氏のいう、『この人、どこにでもいる』状態となるわけです。


なんでそんな素早く詰めなきゃいけないのか、というのがなかなか説明が難しいところなんですが
ほとんどの場合って、撃ち合ったらちょっと隠れてリロードしますよね。
リロード時にTABを押して、どこが穴になってるか確認しますよね。
それで、もし穴があったら『あ、テロ見てないじゃん!』みたいな形で寄ってきます。

てことは、銃声がしてからリロードしてその方面を目視するまで、猶予はほんの1,2秒、長くても5秒程度。
ちゃっかり詰めて、敵の意表をつくポジにつくにはその程度の時間的猶予しかないんです。
そりゃもう急ぐしかないんです。迷いが出た時点で、その詰めは手遅れなんです。
これをできるかできないか、もし失敗したとしてもいかに生き残れるかってところで上手い下手がわかります。



2.逆に強いチームっていうのは、相手に自分たちがどこにいるかわからなくさせることが出来るチーム。格下のチームとやるときは気楽にすいすい動けるでしょ?でも格上のチームとやるときは氷で固められたかのように動きを封じられる。それは常に相手がどこからくるかわからない不安からくるもの。相手の視界を無くし、怯えさせ硬直させる。それが出来れば勝ち。簡単に言えば、あたかも「居るかも知れない」って思わせられるかどうか


これも上のパターンと似ていて、『テロ上が取られてる!』ってなると
少なくともそっちに人数を割かなきゃいけないわけで、それで取り返したと思ったら
今度はキャットが取られてて、2側の状態も不明で……ってなります。
これが敵がもうどこにいるのかわからない状態です。

いるかもしれない…いるかもしれない…ってなると進軍が遅くなって、時間ギリギリになり、
選択肢が狭まったり、足音を立てざるを得なかったり、クリアリングが甘くなったりと
とてもじゃないですが、良い状態とは言えません。



3.「沈黙」を作ることによって、相手にどっちに攻めるかわからなくさせる。だから闇雲にすぐに攻めるのではなく、時には攻める前に気配を消し、わざとまって誘き出して仕留めるというのはかなり有効な戦術である。これはかなり上級的な戦術。できたらTOPチームだ。



SunSisterがよくやる作戦で、大会動画とか見てたら出てくると思うけど
noopo8.png

こんな感じで1側がサイレントでずっと待ってるとかね。
よく詰めてくる相手には有効。



4.うまい奴は相手のチームの動きが読める。サッカーじゃないけど、フィールドを上から見た感じで。それは相手を誘導させ間接的に操ってたりするからかもしれない。仲間の情報から敵の位置を頭の中で想像し、相手の動きの流れ(次の行動)も読む。その上で指示を出す。



noopo5.png

1側とセンターで被害が出たけど、2側が制圧できました。
敵の配置は、下駄箱に詰めてきてた奴と1中にいた奴とセンターにいた奴だ。

こんなときに敵はどうやって2側を取り返しに来るか。

noopo6.png

その報告が入って1秒足らずで、僕の中ではこのパターンになる可能性が70%くらいだなと判断します。
まさにこの上空図のイメージで。それで取るべき配置もこんな感じでイメージされます。
なんで70%なのって、それは経験上の感覚です。敵のレベルにも寄りますが、大抵これかなと思います。

noopo7.png

で、そう来るって思うなら、こういう配置について待ちます。
これをわざわざ指示を受けないとできないなら、もう少しチームとしての熟練度を上げる必要がありますし
それとも同じ思考回路になっていて、報告を聞いた時点でこの配置、もしくは似た配置に
生き残っている3人がパッとつけるかどうか、それが無言の連携というもので、めちゃ強い連携の1つです。


長くなるのでここで切り上げ。
その他の内容は、今までに書いた内容と被ってます。
左のカテゴリの【FPSの基本講座】にある内容であったり、強くなるための反省の仕方であったり。

AVA TOPチームの配置をとりあえずパクりたいなら、
DeToNatorやSunSister、Astrickでググると大会の試合動画がヒットします。
その守り方や攻め方をそのまんまパクってみるのも超面白いですし、強いです。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


記事検索
ニコ生コミュニティ
プロフィール

びすた無限

Author:びすた無限
◆Twitter:びすた無限
質問コーナー『Ask.fm』
AVAプレイヤーに質問!

当ブログはリンクフリーです。
お友達やクラメンにもぜひ教えてあげてください。



【HeadSet】

HyperX Cloud


【Mouse】

Logicool G500s

【MousePad】

SteelSeries QcK mass

最近の人気記事
人気の質問コーナー『ask.fm』
最新コメント
リンクツリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。