スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Galactic塾の立ち回り講座にモノ申す Part2

Galactic塾の立ち回り講座にモノ申す Part1の続きです。


gala0.jpg

【第2問】Cannon 1設置後の配置
http://www.4gamer.net/games/035/G003520/20140217012/TN/005.jpg

答えは、続きから。



【解説】Cannon 1設置後の配置
http://www.4gamer.net/games/035/G003520/20140217012/TN/006.jpg


キャノンの1設置ポイントは、裏から取り返すのがセオリーなので、
敵がセオリー通りに来た場合にはこの配置がばっちり決まります。

また、今回は殲滅ではなく時間稼ぎに主眼を置いてるとのことなので、
敵リス側は少し薄くしておいても、下駄箱から寄った味方が時間稼ぎをすれば~ということなんだと思われます。
味方のHPが少ないときは、このように時間稼ぎするやり方が一番良いです。
逆に敵のHPが少なくて、こちらに余裕がある時は、ちゃっかり解除を防ぐために殲滅したほうが確実です。


Galacticのこの配置はまさに正解の1つです。
1つと書いたのは、この状況だといろいろと考えられるからですね。
いろいろと条件があった上でこの配置になっているので、画像からだけでは確実なことは言えません。


ただ僕の理想の配置とは少し違います。

この配置だと裏から来た敵に対しては非常に強いですが、
敵リス側から数で押してきた敵に対して少し脆いです。

まず、煙を焚いてるので何人来るかが見えません。
敵がUAV持ちの場合、SRをUAVで撮ったのち、3人で一気にリスから入ってくる可能性があります。

"追記"
第2問の例では、UAVはなしが前提となっているそうです。
これとは別に、実際の講座ではUAVありのときの配置も説明してくれているそうなので、気になる人は直接確かめてみてください。

galacan5.png

ARが1人で止められれば問題はありませんが、万が一即死した場合、
SRはUAVを撮られて一瞬引いていて、下駄箱のARのカバーは間に合いません。
よって中は制圧され、設置されます。

gala3.png

しかし、敵が3人とも1中に入ってくれて、それでいて敵がARのみの状態なら、まず勝てます。
中のAR3人 vs 外のSR1人+AR2人なら勝てますね。




しかし、敵にSRがいる、もしくはUAVをSRが取り合ったがために敵リスに1人残り、中に2人の場合は厄介です。

galacan4.png

単なるAIM勝負になるか、覗くタイミング、つまり時の運勝負となります。



僕であれば少し特殊ですが、こう配置します。

galacan1.png

①がスナイパーで下駄箱から自リスを確認。
④は壁に隠れて①のカバー。
②が先に覗いておいて、③がカバー。

裏から大量に来たとしても、SRなら止められますし、覗いている分、察知が早いです。
まぁ裏から大量に来るってのはあんまり見たことがないケースですが、裏を取られると即取り返されてしまうので、本来は裏側を厚くしたGala守りのほうが安定します。

敵リスからの取り返しに対しては、②を布石にした③のカバーです。
でも実は、③すらも布石にした①のSRカバーがあります。

これは①にあたる僕がMosinユーザーで、動き回りながら表も裏も数を撃てるというのが強みです。
単純に一箇所を待つよりもアクティブに動いて覗くのが好きだからってのもありますケド(笑)


敵の残り人数が3人であれば、Gala守りが安定していて良いと思いますが、
敵が4人残っている場合、ライフルマンの交戦前にスナイパーで敵の数をできるだけ削っておきたいと考えます。
そのときには、スナイパーがアクティブに動ける僕の配置のほうが良いと思います。

Cannonの1は設置グレが投げづらく、1中に入られてしまうと近距離で運ゲーな撃ち合いになってしまうので
できるだけ1中には入れたくない、時間稼ぎよりも入るまえの段階で倒すというのが僕の考え方です。
キャノンの1では、外で抑えて殲滅するという観点で僕は配置を考えます。

galacan2.png

もし敵がUAVで②を撮ったとしても、③のカバーがありますし、さらに①もすぐ寄れます。
煙の焚く位置を階段付近にしておけば、UAVを撮る敵からはモクモクでも、外から丸見えの状態になりますから
(煙の特性として、煙の中から外は見えづらく、外から中は見えやすいため)
カバーも比較的カンタンにできます。


僕の配置のデメリットとしては、裏からきたSRに①が一瞬で抜かれた場合、
そのまま④も倒されてしまい、裏から敵が流れてくる可能性が高いということです。
裏から敵が流れてきた場合は1中で止めるのはなかなか難しいものがあるので、
(上で述べた通り、1中に2人 vs 外3人では1中の勝ち目がないため)

②と③は④が死ぬまえに即座に下駄箱側のカバーに寄るか、
③は中で待機して②は敵リスに出て行って、挟んで倒すという判断が求められます。



立ち回りの正解は1つではありません。
Galacticの配置が合う人もいれば、僕の配置が合う人もいます。両方合わない人もいます。
状況に応じて、例えばUAVのあるなし、味方の残HP、兵種や使用武器などによって配置はさまざまです。

このGalaの例を参考にして、自分ならどうするか?と考える姿勢が大事です。
なるほどなぁ~勉強になるなぁ~とか、Galactic凄すぎィ!とか感動してるだけではだめです。
Galaが普段やってるようなこの配置よりも、もっと良い配置はないか?この配置だった時の穴は?弱点はないか?と、より深く掘り下げて考えるクセをつけましょう。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


記事検索
ニコ生コミュニティ
プロフィール

びすた無限

Author:びすた無限
◆Twitter:びすた無限
質問コーナー『Ask.fm』
AVAプレイヤーに質問!

当ブログはリンクフリーです。
お友達やクラメンにもぜひ教えてあげてください。



【HeadSet】

HyperX Cloud


【Mouse】

Logicool G500s

【MousePad】

SteelSeries QcK mass

最近の人気記事
人気の質問コーナー『ask.fm』
最新コメント
リンクツリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。