スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Kingston】 HyperX Cloud Ⅱ(HyperX Cloud 2)でAVAをプレイしてみた 【レビュー】

2015-02-02_22-38-16.jpg

ついに、HyperX Cloudの後継機、HyperX Cloud2が発売されました。
しかし、後継機とは言うものの、サウンドカードが搭載されたUSB接続タイプのヘッドセットなので
初代とは全く違う製品に仕上がっているため、住み分けができるようになっています。


2/10現在では、ガンメタル、赤、ともに品切れ中………




価格は約14000円となっています。




【音の聴こえる距離】

AVAでは音が聴こえる最大距離が決まっていますが、
音量を上げたとしても最大まで聴こえないようなゲーム向けではない機種がいくつも存在します。

HyperX Cloud、HyperX Cloud2ともに39mで変わらず。


【音の定位】

音がマップ上のどこで鳴っているのかという定位は、FPSにおいて非常に重要です。
しかし、聴こえやすさというのは個人差が非常に大きく、
私にとってはわかりやすくても、あなたにとって合うとは限りません。

手元のコントローラを使用することにより、2chと7.1chを切り替えることができますが
AVAをプレイする際は2ch推奨です。
音楽を聴いたり、別のゲームをプレイするのであれば、7.1chに切り替えておくと良いです。


サウンドカードヘッドセット設定
1SoundBlasterZ初代5.1サラウンド
2オンボード2代目7.1ch オフ
3オンボード初代5.1サラウンド
4オンボード2代目7.1ch オン

*定位がハッキリしていると思われる組み合わせ順
*初代:HyperX Cloud
*2代目:HyperX Cloud 2

SoundBlasterZ+初代は、音の鳴った位置が非常に正確にわかります。
今までで一番聴こえると言っても過言ではありません。

2代目は、2chで使用した場合は全体的に音が近くで鳴っているように感じます。
(例:Cannonの守りリスで1外周の音なのか内周の音なのかの判別が慣れるまでしづらいなど)
7.1chで使用した場合は、音が広がって聴こえてしまうので、場所が把握できなくなります。
(例:同条件で1連通付近で音がしたと思ったら、下駄箱だったなど)

2chでの使用感に関しては、おそらく慣れの部分が大きく、まだ使用して数日の感想ですから
今後使用していくにあたって、どんどん研ぎ澄まされていくと思われます。

オフライン大会ではサウンドカードの搭載されていないPCで戦うことになりますから
ヘッドセット本体にサウンドカードが搭載されているというのは非常に大きなアドバンテージです。
家では音が聴こえていても、オフラインでは聴こえなくなりますから。
家でもオンラインでも同条件で音が聴こえるというのは、本当に大きな差です。

SoundBlasterZの設定

SoundBlasterZシリーズには、ゲーム中に音が消えてPC再起動するまで直らないという不具合があり
Z側のサラウンド機能のオフによって回避はできますが、音の聴こえやすさは大きく変わってしまいます。
私の設定ではオンにしておりますので、音が消える不具合が起こる可能性はあるため、リスクがあります。

そういった点を考慮すると、サウンドカードを搭載していない人にはうってつけのヘッドセットと言えます。


【付け心地】

1に比べて2のほうが若干、締め付けが緩くなっているように感じますし、快適です。
革パッドは汗をよくかく方だと蒸れてしまうので、布にすると非常に快適です。


【マイク】

1に比べて2のほうがマイクの音質がクリアになっています。
また、マイクの音量が15dbほど小さくなっているように感じます。
ボイスチャットを使用している場合は、しきい値の再設定が必要になります。
マイクは取り外し可能となっていてヘッドホンとしても使用可能ですし、
口元に近づけたり遠ざけたりが簡単にできる柔軟性のあるケーブルとなっています。


HyperX CloudとHyperX Cloud2の違いは?

・定位だけで言えば、サウンドカードと組み合わせた場合に限り、初代のほうが良い。
・2chと7.1chを選択して使用できる分、使い勝手が良いのは2代目。
・付け心地は大差なし。どちらも非常に良好。
・パソコンにサウンドカードを搭載していない場合は、2代目推奨。
・オフラインを目指している人はサウンドカードの有無を考慮すると2代目推奨。
・マイクの音量が2代目は小さいので、調整が必要。
・2代目の内蔵サウンドカードではイコライザの設定はない。(設定が必要なく、使用までが非常に簡単)
・USBでパソコンに接続しますが、もちろん配信にも使える。


ずばり買いなのは?

既にサウンドカードを使用していて、それに慣れているのであれば初代がおすすめです。
逆に、サウンドカードを搭載していない場合は、2代目を買うとちょうど良いと思います。

これだけ好条件が揃っているヘッドセットは今までにありませんでした。
サウンドカードの搭載の有無によって聴こえ方が変わるせいで、
このヘッドセットはおすすめです!というのが言いづらかった面がありました。

しかし2代目は、サウンドカードを搭載しており、軽く、定位が良く、マイクは良好で、付け心地が良く、
2chと7.1chのサラウンド有無を切り替えできて、15000円でお釣りが来るヘッドセットですから
今年一番おすすめできるヘッドセットが2月の段階ですでに登場してしまったように感じます。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


記事検索
ニコ生コミュニティ
プロフィール

びすた無限

Author:びすた無限
◆Twitter:びすた無限
質問コーナー『Ask.fm』
AVAプレイヤーに質問!

当ブログはリンクフリーです。
お友達やクラメンにもぜひ教えてあげてください。



【HeadSet】

HyperX Cloud


【Mouse】

Logicool G500s

【MousePad】

SteelSeries QcK mass

最近の人気記事
人気の質問コーナー『ask.fm』
最新コメント
リンクツリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。